読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「ジョニーは戦場へ行った」時代は、第一次世界大戦の頃。死んでも、生きても、戦争は悲しい・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

「ジョニーは戦場へ行った」 死んでも、生きても、戦争は悲しい。

時代は、第一次世界大戦の頃。
祖国を離れ、戦地へ赴いて間もないジョーは、爆発により瀕死の重傷を負います。
目覚めれば、何も見えず、何も聞こえず。
どうなっているのかまったくわからない彼は、それでも次第に、少しずつ、気づいていきます。
自分は、ベッドに横になっている。
自分が動けないのは、両腕と両足がなくなっているからだ。
そして、何も感じられないのは、目も、耳も、鼻も、口も、その全てが失われてしまったからだ。
あまりにも恐ろしい現実。
人としてのあらゆる自由を奪われてしまったジョー。
決して抜け出せない、暗闇と孤独。
何よりも恐ろしいのは、そんな状態であっても意識だけははっきりとしている事でした。
何もさわれない、何も感じられない、何も伝えられない、どこへも行けない…。
これで「生きている」と言えるのか?
けれど、自分は間違いなく生きているのだ。
それなのに、誰も気づいてくれない。
病院の医師や看護師にとっては、ジョーはすでに「物」でしかありませんでした。
たとえ肉の塊と化そうとも、息をしている以上、「死体」として処理は出来ない。
人物を特定するものがないため、家族に連絡も出来ない。
だから、ただベッドに「置いて」おくしかない。
息をしている、息をするだけの、「物」として。
ジョニー(ジョー)は、国を愛していました。
自分が生まれ育った国を、愛してくれた家族を、そして、愛する恋人を。
だからこそ、大切なものを守りたいがために、ジョニーは戦場へ行った。
そんな彼が落とされた地獄。
祖国から見捨てられ、家族や恋人に再び会う事もかなわず。
どうすればいいのか。
どうすれば救われるのか。
彼の問いに、誰も答えてはくれません。
彼の夢の中に現れた、神でさえも。

見ていてこんなにつらくなる映画は、めったにありません。
もしも自分がジョーのような目にあったら、なんて、想像する事すら恐ろしいです。
けれど、戦争という異常な状況では、ジョーのような目にあった人が、数多くいるのです。
まさに地獄。
人間が作り出した地獄。
こんな地獄を生み出した人の心の弱さ、愚かさが、何よりも恐ろしく、何よりも悲しいです。

ありがとう寄稿。

本当の兄弟じゃないということがわかってしまった夏向(山崎賢人)は実の妹から教えてもらった実の母が入院しているという尾道の病院に向かいました。

好きな人がいること第7話/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・本当の兄弟じゃないということがわかってしまった夏向(山崎賢人)は実の妹から教えてもらった実の母が入院しているという尾道の病院に向かいました。 #TV | アフィリエイト収入で生活したいブログ。