読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「その島のひとたちは、ひとの話をきかない:森川すいめい」ネタバレ注意・自殺希少地域を訪ねる本(レビュー)。 #読書

「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」著者:森川すいめい-自殺希少地域を訪ねる本です!

夏休みの終わり頃、新聞やニュースでよく見たのが、「9月1日には子どもの自殺が増えるので自殺を防ごう」というものでした。
学校でいじめに合っている子どもは、2学期が始まる夏休み明けに自殺をする子が多いのだそうですが、無理して学校に行く必要はない、という呼びかけがされていました。
私も子育てをしている身として、本当にその通りだと思います。
そして同じ頃に見かけたのがこの本でした。
この本では、自殺者が極めて少ない地域=自殺希少地域を精神科医が訪ねて、どんな地域性だと自殺者が少ないのかを検証しています。
子どもの自殺については触れられていませんが、大人も子どもも根本的なところは同じなのではないかと思って読みました。
中身を読むと、タイトルの意味がよく分かります。
でも、人の話に耳を傾けないような頑固な人が多い地域に自殺者が少ないという単純な話ではありません。
「できることは助ける、できないことは相談する」そういったスタンスを自然にとれる人たちや、「人生は何かあるもんだ」という前提のもとで助け合える人たち、いろいろな地域で出会った人々から筆者が感じたことがうまくまとめられている本だと思います。
自殺がテーマですが重くはなく、読みやすい本でした。

ありがとう寄稿。

鋼の錬金術師の結末は、私にとってはとても悲しい結末であります。死んだエドワードをよみがえらせるために、弟のアルフォンスは自分の鎧の中の賢者の石の自分を人体錬成を行いました。

エドワードはアルフォンスをよみがえらせる一心で…鋼の錬金術師/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ。 #ANIME | 大人がおすすめる漫画日記。