読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

花の慶次ー雲のかなたにー2巻 第21話「拳語りの巻」感想&あらすじ・荒子城での出来事を根に持っている利家でもあるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

原作:隆 慶一郎 漫画:原 哲夫

一言感想

今回の話では利家と慶次の語り合いにもなってくるものです。何故ここまで慶次を憎むのかが分かる内容にもなってくるものです。

面白いところ。

荒子城での出来事を根に持っている利家でもあるのです。慶次においては根に持っている事で怒ってしまうのもかなり納得してしまうものです。

好きなところ。

利家の我儘で家臣が死んだ事を問い詰めた慶次でもあるのです。その時にようやく本音が出てくるのも考えさせるものです。

好きなキャラ。

前田慶次

好きなエピソード。

おまつにおいてはただ見る事しか出来ない事を悔やんでいるのです。しかし慶次の心内を知っているからこその想いがあるのではないかと感じるものです。

おすすめ。

この出来事があってこそ一つにまとまりかけようとするのです。しかし慶次の本音に関してはどの様な想いになっているかカギにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

慶次は荒子城の事は気に止めていないのですが利家の策略にはかなり無謀にも感じる部分があるものです。それに慶次の傾き方には面白く感じるものです。

作者に関して。

スッキリとした表情を見せた事で鯉達にも伝わるものです。腹にあると直ぐに分かってしまうのも納得してしまうのです。

その他。

戦国時代に慶次との出会いになっていると考え方にもかなり変化を伴う事にもなるのではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

鳥山明先生の漫画「Dr.スランプ」は1980年から1984年までのあいだ、週刊少年ジャンプで連載されました。テレビアニメーションも人気になりました。このアラレちゃんが終了すると、少年ジャンプでの連載もフジテレビでのアニメ放送も「ドラゴンボール」に変わり、鳥山明さんの人気はますます上昇していきます。

Dr.スランプ/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・主人公である則巻千兵衛博士が、「連載当初から考えていた『最終回用メカ』」というものを発明…。 #漫画 - ジャンプ部屋ブログ