読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオンもどきをみる感じですと良いのかもしれません・映画感想レビュー「シン・ゴジラ、昔のゴジラではありません」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

映画感想

シン・ゴジラはもはや昔のゴジラではありません

今回、評判作のシン・ゴジラの映画を見てみて、率直な印象は、やっぱり懐かしいゴジラ映画は2001ファイナルウォーズで終わった。これは、名前は同じでも違うゴジラだと思いました。最近は本物の新恐竜が各国で続々と発見されて、科学館で実際の新しく発見された恐竜たちを見た方がゴジラ映画をみるよりずっと楽しいことも事実です。
VSシリーズのゴジラ恐竜たちは、昭和時代の映画であり、今、改めて見ていても、子供と一緒に見る事でも楽しめると思います。
ですので、今さらシン・ゴジラだとまともな表情でゴジラをカタル映画なんてことはナンセンスです。
どちらかといえば、エヴァンゲリオンのファンが、エヴァンゲリオンもどきをみる感じですと良いのかもしれません。
特撮も今時とは少しかけ離れている印象でした。
今回とても多くのゴジラファンが鑑賞しているはずです。でも、その一方で庵野秀明ファンも多いのでしょう。ですので、全体的には評判はとてもいいですよね。
高評価の感想ばかりでビックリしています。しかし私にはとてもつまらない映画でした。
ゴジラはいったい何の目的で東京に来たのか?ゴジラのエネルギー源はいつもの放射能なのか?核物質を食べるゴジラが核攻撃で死ぬ?
なんか、ちょっと考えると全部がつじつま合わないのです。無知な屁理屈や冗長な台詞を捏ね回すよりも、子供が喜ぶ単純明快な特撮娯楽映画に徹して欲しかったと思います。
しかし、ハリウッド版ゴジラよりはマシでした。シン・ゴジラの観るまえの評判を聞いていたので、ちょっとがっかりな映画でした。