読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「日本で一番悪い奴ら」評価ネタバレ注意・綾野剛をイケメン俳優と言う括りで観ると後悔する。 #MOVIE

血走った目に狂わされる『日本で一番悪い奴ら』

俳優・綾野剛をイケメン俳優と言う括りで観ると後悔するのが『日本で一番悪い奴ら』だと思います。
北海道警察に長年蔓延った汚職に関して扱った内容なので、好き嫌いの別れる映画です。ただ、出ている俳優さん達は本当にピカイチ!損はさせないです。
汚ないと言うか、臭うと言うか…欲に傾いた人間で特に男が堕ちていく姿は如何に純粋で哀れかを、この映画の監督・白石和彌は楽しそうに観ている気がします。
そんな楽しく悪ノリしている監督さんに俳優さん達は更に悪ノリで返す。やり過ぎるくらいの激しい演技をしているんです。観ているこちらが眉間に皺を寄せるくらい。
泣くのもカッコ良くない、笑顔もカッコ良くない綾野剛がこの映画にいます。なのに何故か私は可愛いと思ってしまいました。何かに忠実過ぎて欲に負けてしまった男が堕ちていくに連れて背中が、だんだんと丸くなって小さくなっていく姿がカッコ悪いのに可愛く思えてしまったんです。綾野剛だけでなく脇を固めた俳優さん達も、みんななんだか最後はカッコ悪いけど可愛い。
後味の悪さが救いようの無い映画だと思うんですが、一見の価値は絶対にある映画です。