読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「ラブソングができるまで」評価ネタバレ注意・ヒュー・グラントとドリュー・バリモアが主演のミュージカルラブコメディ。 #MOVIE

ラブソングができるまで ヒューグラントが80年代アイドルに!

ヒュー・グラントとドリュー・バリモアが主演のミュージカルラブコメディです。ラブコメのキングとクイーンのようなお二人なので見る前から期待が高まりました。
あらすじは、80年代に一斉風靡したPOPというバンドの元ボーカル、ヒュー様演じるアレックス。彼の元に大人気歌手のコーラから曲の制作依頼が来たがうまく行かず悩んでいた。

そこに彼の家にたまたま水やりのアルバイトに来ていた、ドリュー演じるソフィーが歌を口ずさんでいるのを聞き、彼女には作詞の才能があると見込んだアレックスが一緒に歌を作って欲しいと依頼する、というお話です。まぁストーリー的には、こうなるのかな~と読めちゃう展開かもしれないのですが。この映画の見所はなんといっても音楽です。衝撃的なのはオープニングから。オープニングはPOPのプロモーションビデオ風な映像から始まります。もちろんヒュー様もしっかり80年代アイドルになっています。まさかの始まりにそれだけで最初から目が釘付けになること間違いなし。かなり笑えるんですが、本格的なんですよね。ダンス、歌、衣装ともに「本当にこのグループいたんじゃない?」と錯覚するくらいのクオリティと、完全にアイドルになりきるヒュー様に脱帽です。
ラストには、二人で一緒に作った「愛に戻る道」をステージでアレックスとコーラが披露するシーンもありますが、またこの曲もいいんです。久々にサントラも欲しいという作品に出会いました。もちろん音楽だけではなく、ふたりの息の合った掛け合いにクスッとしたり、ドリューのキュートな笑顔にキュンとしたり。まったりとしたい時や疲れている時に見るのもいいかもしれませんね。素敵なストーリーの中に、名曲も隠れていますよ。

ありがとう寄稿。

主人公は貧しい漁村で働く14歳の男の子アルベール。アルベールの住む国は男に権利がなく、捕まったら最後、貴族の子供でさえ男に生まれたというだけで奉公に出されてしまうほど男性蔑視の激しい国でした。

少年王女・全3巻(原作:武蔵野ぜん子・作画:雪広うたこ)感想&あらすじ・主人公は貧しい漁村で働く14歳の男の子アルベール…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。