読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

花の慶次ー雲のかなたにー2巻 第20話「月と涙と・・・の巻」感想&あらすじ・主馬は松風を焼き殺そうとするのです…ネタバレ注意。 #マンガ

マンガ感想

原作:隆 慶一郎 漫画:原 哲夫

一言感想

闘いが終わった後にもかなり追い込まれた展開にもなってくるものです。しかし慶次、利久の気持ちにもかなり共感出来る部分もあるものです。

面白いところ。

初めは利久が慶次に撃つのです。一瞬「何で?」と思うのですが利久の言い分を聞いてから思わず納得してしまうものです。

好きなところ。

主馬は松風を焼き殺そうとするのです。それを松風は静かに見つめているのですが逆に最後まで追いかけようとする慶次の気迫にはかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。

好きなキャラ。

前田慶次

好きなエピソード。

慶次との思い出の中はかなり活発な方であるのが分かるものです。しかしその中でもキチンと思いやる気持ちを忘れないでいるのがかなり納得してしまうのです。

おすすめ。

漢方の元になる「熊の肝」を取って来た慶次でもあるのです。この行動に関してはかなり無謀にも思えるものですが利久を想うと納得してしまうのです。

作品に関する思い出。

最期にはキチンと締めようとするのが感激するのです。やはり照れ隠しとなっているのも分かるものです。

作者に関して。

喧嘩に関してもかなり大がかりな内容にもなってくるものです。

その他。

お互いがお互いを思いやる気持ちにはかなり涙を流してしまうのも分かるものです。この後の展開にはどの様な流れになってくるのかが見物にもなってくるものです。

ありがとう寄稿。

主人公のゴリャートキン氏は野心はあっても冴えない男で、意地悪な言い方ですがこの主人公がドツボにはまっていく様子が、この小説の読みどころだと思います。

感想&書評「二重人格(ドストエフスキー)」(ネタバレ注意)感想レビュー・中盤以降にグッと面白くなる「スルメ本」という印象。 #Novel | おすすめ面白い小説用ブログ。