読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「1Q84 Book3:村上春樹」ネタバレ注意・青豆と天吾の章が交互に展開される形が、牛河も加わり語り手が増えた形になっていました(レビュー)。 #読書

1Q84 Book3 村上春樹 長い物語の完結。

村上春樹作品の高い人気は今までも知っていましたが、読まず嫌いで過ごしていました。
そんな中、ふとしたきっかけで「1Q84Book1」を手に取り、読んでみたところ、独自の世界観や深まる謎に引き込まれて行ってしまいました。
しかし、一冊の厚みがかなりあり、読むには十分な時間が必要だったため、なかなか読み進めることが出来ませんでした。
そして、今回やっと物語の完結編である「Book3」を読むことが出来ました。

今までは青豆と天吾の章が交互に展開される形でしたが、Book3ではそれに牛河も加わり語り手が増えた形になっていました。
しかし、前巻までに残された様々な謎リトルピープルとは何者なのか、天吾の母は誰なのか、1Q84とはそもそもどういう世界なのかということが難しくて、私には十分理解することが出来ませんでした。

同じ死に方をする人々が数人登場したことから、輪廻転生をテーマとした作品だったのでしょうか。
はたまた「空気さなぎ」という装置を使って「ドウタ」と呼ばれるクローン人間を作り出すという話だったのでしょうか。

全体の話はファンタジーのようでもあり、SFのようでもある。
空に二つの月が浮かぶ幻想的な世界はそもそもどういったものだったのでしょうか。
最後まで、物語の核心の全ては謎という雰囲気がとても強く、おそらくは読み手によってその解釈は千差万別な作品なのだと思います。
しかし、私は不思議と青豆と天吾という男女二人の運命の恋愛を描いた小説だと思って読むと、心が温まるし読んだ後温かい気持ちでいっぱいになりました。

牛河の死体から出てきたリトルピープルたちは何をしようとしていたのだろう?
ふかえりはタマルの娘だったのだろうか?
そもそもふかえりは複数存在していて「ドウタ」の集合体だったのだろうかなどと作者に聞いてみたいことはたくさんあります。
しかし、そこは私自身が読み解かなければならないんでしょう。

この作品に出会って村上春樹という作家の奥深さを知りました。
私には理解できないかもしれませんが、また村上春樹作品に挑戦してみたいと思わせる本でした。

ありがとう寄稿。

再び組織の人間達がKの元に潜み始めようとするのですがこの出来事が展開にもどの様な形になるのかが気になるものです。

スーパードクターK 心臓移植編 第18話「予期せぬできごと」(真船一雄)感想&あらすじ・新たな産科で見舞いに来ていたKでもあるのですが敵の…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。