読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「ALWAYS 三丁目の夕日」中盤からラストにかけて感動します・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

AWAYS 三丁目の夕日 : 中盤からラストにかけて感動します。

東京タワーができる前の東京での物語。今のように携帯もない時代の皆の生き方は生き生きとしていて、最初はただ面白くてコメディではないかと思って笑っていたのですが中盤から雰囲気が変わってきました。実の子でない子を貧しいながらも育てる茶川が、預かっている子を平手でたたいて叱るシーン。あの辺りから雰囲気が変わったのだと感じました。自分の子のように心配して一緒に笑って、喜んでほしいと借金をしてプレゼントを買ってサンタクロース役を頼んでまで喜ぶ顔を見たいなんて、もうそれは家族です。

そして本当の親が現れた時も実の親といた方が貧乏もしない、欲しい物は何でも買ってもらえる、幸せになれるからと突き放して一緒に行かせた後、やっぱり一緒にいたいと車を追い掛けるシーンは涙を誘います。同時にもうひとつの家族の話も感動が入り混じっています。地方から東京に住み込みで働きにきた子のためにサンタとなり実家への切符をもらったけど、帰っても迷惑になるからと拒否した子を駅まで送るシーンに矢張り家族愛を感じました。戦争が終わったばかりで貧乏していた時代、出稼ぎは当然で食い扶持が減るのはうれしいと思っている中で意地を通す子の気持ちも分かるだけにこの愛は感動せずにはいられません。じわじわと込み上げてくるこの感動は今の時代背景では味わえないものだと思います。そして最後の壮大な夕焼けはまさに作品名に相応しい美しいものでそれだけでも見る価値はあると思います。

ありがとう寄稿。

三軒屋万智役の北川景子が感情を表に出さないとびっきりの美人で、まるでロボットみたいなのに言う事、やる事がしっかりしててGO!と叫ぶシーンなんていつも爆笑してます。

家売るオンナ9話/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・奥さんとお姑さんの折が合わず、同居は絶対に嫌だと言って探してたのですが。 #TV | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。