読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「デラックスじゃない:マツコ・デラックス」ネタバレ注意・プライベートに関するエッセイで、生い立ちや職歴なども綴られています(レビュー)。 #読書

デラックスじゃない マツコ・デラックス マツコもフツーの人間なのね~

マツコ・デラックスのエッセイ、「デラックスじゃない」を読んでみました。テレビ番組では語られないプライベートに関するエッセイで、生い立ちや職歴なども綴られています。私がマツコ・デラックスを知ったのは東京MXテレビの情報番組「5時に夢中!」でした。歯に衣着せぬコメント、身近に感じる庶民的な感覚とその見た目のインパクトがあいまって、彼女(彼?)が出ているとついつい見てしまっていました。

いつの間にかローカルだけではなく、民放局の番組にも出始め今となってはその姿を見ない日はありません。この人今までどうゆう風に生きてきたんだろう?気になるもインターネット上の情報は断片的なものばかりで、彼女の生い立ちやら私生活を垣間見えるようなものはありませんでした。そんな中先日立ち寄った本屋で、このエッセイを発見!即購入し、読んでみました。実家はとても質素な家庭であったこと、一時期実家に戻って無職の2年間があったこと、テレビ局のお弁当やシリアルで済ます食生活などなど。「ああ、やっぱりこの人もフツーの人なんだ」とより親近感が沸きました。本の中で彼女は、マイノリティである自分がマイノリティである人々を叩くことはしたくないとも書いてあり、彼女の中で何が正義なのか自分はどうあるべきなのかに対して正面から向き合うその姿勢が、一人の人間として誠実な大人なんだなと感じました。他にもハロプロとAKBについてや、趣味候補(趣味にするかを考え中)など物事に対してのマツコ流の考え方が書いてあり、この本を読んだ上で彼女をテレビで見てみるとより一層愛着が沸いてきます。気になる人マツコ・デラックスの世界感を覗き見できる、良いエッセイでした。

ありがとう寄稿。

コンビニに対する世界観が凄く鮮明に表現されていました。主人公は18年間もの間、アルバイトをしています。コンビニのバイトを18年間も続けている人が現在の世の中にいるのかは分かりませんが、そんだけ続けているから分かるコンビニの音、動作、移り変わりがとても鮮明でその情景が頭に浮かびました。

主人公は18年間もの間、アルバイトをしています・感想・書評「コンビニ人間:村田沙耶香」ネタバレ注意・(レビュー)。 #読書 - みんなのブログ。