みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」2019年9月28日放送 最終回 の感想「内村光良さんのラスト渾身のナレーションも良かった」 #NHKドラマ

私はアニメ好きの50歳で小さい頃からテレビアニメやアニメ映画を沢山見続けてきた者です。この朝ドラは日本のアニメーションの創成期を題材に描くという事で初回から全話見逃す事なく視聴しました。最終話の感想としては、これまで半年間という長期間描いてきたドラマをまさに「締めくくる」内容でした。

15分という枠では当然なのかもしれませんが良くも悪くも大きな展開は無く安心して気持ち良く観賞できました。しかしドラマ全体を通せば、私自身関心があった日本におけるアニメーションの成長が広瀬すずさん演じる主人公なつの成長を通してしっかり描かれていたので大変満足しています。しかし全編を通して一番心に残ったのは関心があったアニメの事では無く、なつを支える家族達の家族愛でした。特に草刈正雄さん演じるおじいさんと家族のやりとりのシーンでは何回も泣かされました。血が繋がった家族はもちろん、血の繋がってない家族でも強い絆で結ばれ人生を豊かにしてくれるということを再認識させてくれました。大きな展開は無くとも、なつの人生30年を描き切った半年間の最期の15分としては視聴者の様々な気持ちを思い起こされる完璧な15分だったと思います。未来を暗示させる小さい出来事も描かれていたし、全編通してナレーターを務めた内村光良さんのラスト渾身のナレーションも良かったです。好きなテレビドラマのひとつとなりました。