読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「好きだ、」評価ネタバレ注意『独特のカメラワークについつい息を飲んで見てしまう』。 #MOVIE

「好きだ」独特のカメラワークについつい息を飲んで見てしまう

石川寛監督2005年の作品「好きだ」。物語はある男女の17年間におよぶ恋模様を2部構成で描いた恋愛映画です。一部と二部では主演の男女が入れ替わり、今となってはだいぶ豪華なキャストだなというのが第一印象でした。

一部では女子高生ユウを演じるのが宮崎あおい、川辺で毎日同じ曲を練習し続ける男子高生ヨースケを演じるのが瑛太です。ひそかに想いを寄せているユウの気持ちに気づいているのか気づいていないのか絶妙な瑛太の演技に目を離せませんでした。ある日ヨースケは転校をしてしまいそれ以来二人は連絡はおろか、一度も会うことなく物語は17年後へと飛びます。二人は思わぬ形で再会を果たすのですが、再会したシーンは思わずニヤニヤしてしまうほど良いシーンでした。再会した二人はどうなっていくのかを重要視して見てほしいです。二部ではユウを永作博美。ヨースケを西島秀俊が演じています。独特のカメラワークでBGMなどは一切なく、好き嫌いが別れる作品だと思いますが、二人の関係が気になって思わず見入ってしまうのは間違いなしです。ぜひご視聴ください。