読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「アウトレイジ ビヨンド」評価ネタバレ注意・スケールアップした世界観と復讐の時に目が離せない。 #MOVIE

アウトレイジ ビヨンド スケールアップした世界観と復讐の時に目が離せない。

前作がセールス、評判とも好調で、社会現象にもなったアウトレイジの続編です。
前作の大ファンである私も注目していました。
しかし、名演をした椎名桔平は前作中に死んだことや、主要メンバーも入れ替わったキャスティングに若干の不安もありました。
今回の見どころは何といっても加瀬亮の演技でした。
加瀬亮は前作では大友組の金庫番という下っ端からの出演でしたが、先代の暗殺を機に2代目政権の本部で若頭まで上り詰めていました。
インテリヤクザで頭脳を駆使ししのぎをするが、気の小ささから最終的には失敗してしまいます。
前作で逮捕された大友は出所後、裏切られ破門にされた組には戻らず、因縁の相手である木村とともに一旗あげるというストーリーです。
今回は現在3作目でメインになるといわれている大阪の花菱会も登場し、スケールも大きくなっています。
最後は前作、今作ともに名わき役、警察とヤクザのパイプ役をしていた小日向文世演じる丸暴の死など衝撃的な内容となっております。