読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「ララランド・LA LA LANDはやっぱり歌が最高だった…!」評価ネタバレ注意『ただの恋愛ミュージカル映画ではない』。 #MOVIE

LA LA LANDはやっぱり歌が最高だった…!

以前にミスペレグリンを見た時に予告で流れていた音楽がずっと耳に残っていたので、なんだか忘れられず観に行ってしまったLA LA LAND。始まった直後はミュージカル感に圧倒され、ん?となってしまったが、物語がわかってくるとその場面に合わせた音楽がどれも素晴らしく観ていてすごく楽しかった!

登場人物たちの言葉にできない気持ちや想いが全て歌や音楽になって伝わってきた。また、音楽に合わせて踊る姿もすごく綺麗だった。パーティ、夜景、プラネタリウムなどなど、場面にあった音楽と踊りで目でも耳でも楽しむことができた。もちろん、音楽とダンスだけではなく内容も最高だった。主人公のミアとセブがスターの街で夢を追いかける姿が非常に繊細に描かれていた。遠い夢を追いかけ続けるミアと、夢以外で成功してしまったセブがすれ違っていく様子は涙なしでは観られない。さらに注目したいのは、夢を叶えた2人がどうなったか、である。ここがLA LA LANDが普通の映画ではないポイントだと思う。ただの恋愛ミュージカル映画ではない。ミアとセブの2人の夢と想いが複雑に絡み合った結果、意外なラストでおわった。是非エンディングロールまで映画館で観ることをオススメする。