読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「メイズランナーは迷宮の先にあるものが気になってしょうがなかったです」評価ネタバレ注意・ブルーレイのパッケージの表が巨大な迷路の風景になっていた。 #MOVIE

映画感想

メイズランナーは迷宮の先にあるものが気になってしょうがなかったです。

メイズランナーという映画を観ました。ブルーレイのパッケージの表が巨大な迷路の風景になっていたので、なんだかその迷路が気になってしまってブルーレイディスクを借りてみました。ファンタジーの要素があるのではないかと少し期待していたのですが、そんな要素は微塵もなくむしろリアルにグロテスクな内容で始めから終わりまでシリアスな展開が続きます。

でも見ていて肝心要の迷路の謎が早く解き明かされないかと時間を忘れて夢中になりました。特に面白いのは迷路がまるで生きもののように絶えず変化しているところです。数時間前に通れた道もすぐに塞がって別の道が現れ、その上迷路に侵入したものを殺そうと恐ろしい仕掛けまで現れてどんどん息をのむ展開になっていくところは他の映画にはない緊張感がありました。この映画の主人公たちは複数いますが全員が高校生くらいの若いメンバーです。突然、迷路を攻略して生き延びろなんて言われてそのうえ迷路の中で殺されかけて自分だったら迷路にはもう二度と入りたくないと思うでしょうけど彼らは果敢に挑み続けました。あきらめない先に迷路のゴールがあったという展開はとてもすっきりできたと思います。