読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

ハウルとソフィーが空中散歩しているイラストは、有名だが、魔法使いの魔法の描き方がとにかく綺麗・映画感想レビュー「ハウルの動く城」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

ハウルの動く城で心も空中散歩を感じよう

友人宅でハウルの動く城のDVD鑑賞を行った。
当然、昔映画館でも見たことあるし、金曜ロードショー等で見たこともある。
しかし改めて見るとこの映画はすごい。
ハウルとソフィーが空中散歩しているイラストは、有名だが、魔法使いの魔法の描き方がとにかく綺麗だと思う。
ストーリーは原作と大幅に違うし、ハウルが原作よりもカッコよすぎるのだが、あまりの絵の綺麗さ、宮崎アニメの壮大な世界観に魅了されてしまう。
特にその序盤にある空中散歩のシーンでは、思わず自分もおっとと、となんだか危なげな気持ちになるだろう。
そんな風に宮崎アニメは観る人の五感を惹きつける。
ソフィーのご飯は美味しそうだし、ハウルの汚い部屋はくさそうだし、炎が当たれば暖かい。
そしてハウルの心臓がない体もまた、暖かいのだろう。
ヒロインがおばあさんにされてしまうという序盤から衝撃の展開であるにも関わらず、これらの暖かいものたちにによって姿は関係ないのだと学ばされる。
今日でも悪いことでは決してないのだが、あまりにも見た目の美醜にこだわり過ぎてしまう。
ただ、この映画にあるように「暖かさ」をばの魔法にかかって探してみるのはどうだろうか。