読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「ハドソン川の奇跡」評価ネタバレ注意・この作品は2009年に実際アメリカで起こった実話を映画化したものです。 #MOVIE

想像を超えた、ハドソン川の奇跡

予告編を見たときに、何年か前にやった映画にとても似ていると感じました、それは飛行機の不具合により飛行できなくなるが、凄腕パイロットが全員を助ける、ヒーローのはずなのに犯人扱い。

と聞いたときに真っ先に違う映画を思い出した、昔からトムハンクスの出る映画は好きな方なので見るようにしていましたし、イーストウッド監督の作品もとても好きなので期待はしていないものの(予告編を見て)見に行くことにしました。感想は私の想像をこえました。この作品は2009年に実際アメリカで起こった実話を映画化したものです。人間が抱くであろう感情をうまく表現したり、機長であるトムハンクスの今までの経験や能力、責任、そして心情。全てが詰め込まれている人情味が溢れる映画でした、これは1月の寒い日に起こったことなのですが全てが解決した後に副船長のアーロンエッカートが『次やるなら7月にしてね』(1月は寒い)というジョークもすごくよかった。色々な飛行機事故の映画はあるけどこの作品は人の感情が伝わってくる素晴らしい作品でした。