読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』2014年版」評価ネタバレ注意・良い意味で期待を裏切られましたね。 #MOVIE

映画のタイトル(名前)と一言感想を記入。うろ覚えの場合は一度検索して調べてください。

なんか、ハリウッドリメイクってちょっと悪い印象ありませんか?
やたらとアメリカ万歳になったりとか、原作がどんな話でもラブロマンスが入って最後はハッピーエンド&キスシーンで終わるとか。
だから、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』もさして期待せずに見たのです。
ところが、良い意味で期待を裏切られましたね。なーんだ、ハリウッドだってやればできるじゃないか、みたいな。

補足しておきますが、1998年版ではなく2014年度版ゴジラです。
1998年版ゴジラは……いや、皆まで言うまい。

で、この2014年度版ゴジラの何が良いって、ゴジラの巨大さと人間の無力さがちゃんと描かれているところですよ。
ゴジラは人間の力で倒せる対象ではなく、天災のようなものなのですよ。
とってつけたような感動的なラブロマンスもなかったし。とても安心した。

巨大すぎてカメラに全身収まらないという演出も良かったですね。
めっちゃ巨大だー!うわー、これはたすからないー!という絶望感。
細かい点ですが、みんながガズィーラといってるなかで渡辺謙がゴジラゴジラ言ってるのも好きでした。

調べてみたら、製作に日本人が関わっているんですね。
道理でハリウッドらしくないと思った。

原作ファンからするとやっぱり違和感があるらしいですが、でも私は好きですよ、このゴジラ。
他の怪獣映画も見たくなってしまいました。

ありがとう寄稿。

毎話最後にどんでん返しがあり、はらはらしながら見ているが、第6話は特にはらはらしました。佐々木弓子が高野家を壊そうといろんな方法で仕掛けてきて、本当に冷酷で怖い女性だなと思いました。いつも冷静で妙な笑みを浮かべているのもゾッとします。早く佐々木弓子の過去に何があったかを知りたくてたまりません。

最後にどんでん返しがあり、はらはら…砂の塔 知りすぎた隣人6話/テレビ感想2016年&あらすじネタバレ注意。 #TV - みんなの恋愛ブログ。