読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「アーロと少年」評価ネタバレ注意・恐竜は人間の様に、動物を飼育したり、畑仕事などをしています。 #MOVIE

「アーロと少年」独特な恐竜アニメでした。

ある山に5とうの恐竜が住んでいました。父と母と兄弟が2とうで主人公のアーロが末っ子です。恐竜は人間の様に、動物を飼育したり、畑仕事などをしています。他の兄弟は体も大きく仕事も良く出来ましたが、体も小さく怖がりな、アーロは家族の中では落ちぶれた感じで悩んでいました。

ある時食べ物が、何者かに食べられていたので犯人を捕まえる様に父に指導を受けたアーロでしたが、罠にかかった者は、見たことの無い生き物(人間の少年子供)でした。それに驚き逃がしてしまったアーロを見て父に注意をされます。少年を追い掛けていたら、事故のため父が亡くなっなってしまいます。父が亡くなる原因になった少年がまた食べ物を荒らしているのを発見して、少年を追いかけるのですが、災害に巻き込まれ見知らぬ所に流されてしまいます。孤独でゲガをしてしまった。アーロの前にまた少年は現れました。そしてアーロに食べ物を色々と運んでくる少年を初めは許せませんでしたが、自分の周りから離れない少年と共に過ごしている内に、二人には絆が生まれました。アーロは少年と自分の山に帰る足袋にでるのですが、今までにないほど大変な物になりますが、少年と一緒に大きく成長するアーロと少年に感動する映画だと感じました。

ありがとう寄稿。

私はプログラミングもしますし、この本もプログラマの著者二人がプログラマ向けに書いていますが、あくまで数学の本です。

感想・書評「その数式、プログラムできますか? Alexander A. Stepanov」ネタバレ注意・珍しく、数学の歴史、人物などにも焦点をあて、面白い読み物でもあります(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。