読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「ロードオブザリング」魅力的なキャラクターに映像。長い時間に関わらず、一度もトイレに立つ事なく・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

ロードオブザリングを見て泣けました。

あまりにも有名な映画ですが、今まで生きてきた中で一番感動した映画です。どの主人公がかけても指輪を葬る事ができなかった。そして、魅力的なキャラクターに映像。長い時間に関わらず、一度もトイレに立つ事なく何度も見続け小説まで買いました。特に好きなのは、サムです。どんなにフロドがふりはらっても、自分の使命はフロドを守る事だと信じて疑わず、何度もフロドがおかしくなりそうなところを助け、担い、苦しみを分かちあうところが感動でたまりません。

特に崖から落ちた時、帰ろうとせずに、もう一度、フロドのためにと立ち上がる所、また、滅びの山でフロドが立ち上がる事ができなくなった時に「あなたを背負う事はできる」と言って、最後の力を振り絞ってフロドを背負う場面、もう、泣けて仕方ありませんでした。どんなに恐ろしい目にあっても、人には、それをなす使命があるというようなせりふがあったと思います。それぞれのキャラクター達がもう自分の命を投げ出してでも、守り抜くんだ。「フロドのために」にとアラゴルンも王の自覚に目覚めていまところなんか、どこを取ってもすごいです。最後のシーンは、泣けて泣けて仕方ありませんでした。鷲に拾われて安堵したフロドとサム。この映画以上のものは、ないと思います。

ありがとう寄稿。

スカイツリーにある水族館で働いている人の様子が漫画で書かれている本です。子どもが自由研究で水族館ついて調べることになり、読みやすい本を探したところ、この本が良さそうだったので選びました。

感想・書評「水族館で働くことになりました:日高トモキチ」ネタバレ注意・子どもの自由研究用に購入(レビュー)。 #読書 - みんなのブログ。