読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「初恋の来た道」2000年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞 チャン・ツィイーの恋を貫く姿に涙・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

『初恋の来た道』2000年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞 チャン・ツィイーの恋を貫く姿に涙

舞台は中国建国後のまだ貧しかった時代。主演演じるディ(チャン・ツィイー)は、毎日井戸の水を汲みに行っていた。いつもより遠い場所に井戸の水を汲みに行ったところそこには学校をつくる計画が進んでいた。ディは文盲であったが、その教壇に立って教科書を読み上げる一人の男性青年の声に日あこがれていた。来る日も来る日も彼の声を聞くためにディはその井戸に足を運んだ。

そしてひたすらその彼の声に耳を傾けた。そんなある日初めて彼と会釈することができた。それをきっかけにディと彼は毎日顔に家を訪ね食事をすることになった。そんな時に文化大革命が起きた。彼は右派と見られ馬車でどこかへ連れ去られてしまった。その馬車をディは必死に追い掛けた。彼の大好きな餃子の入った青花のお椀を持ったまま…。しかし馬車は離れていきお椀も割れてしまった。彼の帰りを待つ間ディの母はそのお椀を針金で必死に直した。彼のいなくなった学校は古びてぼろぼろになってしまったがでディはきれいに飾って待っていた。しかし予定の日を過ぎても彼は帰ってこない。二日間冬の寒さの中待ち続けディは倒れてしまう。その後二日間眠り続けたディは彼の授業の声で目を覚ます。再会を約束し、2年後彼はあえて罪は晴れディのもとへ帰ってきて幸せに終わった。『初恋のきた道』は彼は学校へ教師で赴任するときにも使い、すぐ右派として連れ去られる時にも使われ、そしてまた1日だけ授業のために使われ、永遠への愛を使うときにも使われ、ラストでは彼の柩を運ぶ時にも使われている感動的なシーンが数多い。そしてこの映画の表現で衝撃的なのが 過去がカラーで現在がモノクロで映されていた点である。とにかく純粋な気持ちがあれば泣ける。

ありがとう寄稿。

あのチャーさんのギターテクと互角に渡りあえる演奏で度肝を抜き、その後ソロ活動でも順調に新譜をリリースしていきます。

評判・人物評「浪速のソウルギタリスト石田長生」好きな芸能人。残念ながら去年(2015年)お亡くなりになられました。 | みんなのレシピ・お料理ブログ。