読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

ブラッド・レンフロ主演:エイズを治す手段がないかを模索する二人・感想レビュー「マイ・フレンド・フォ-エバ-」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

心にしみる マイ・フレンド・フォ-エバ-

ブラッド・レンフロ主演の「マイ・フレンド・フォ-エバ-」!この映画はテレビ放送されてから、ずっと録画したままで消せない映画です。
私の中の永久保存版です。あらすじは、12歳のエリック、そして隣に引っ越してきた11歳のデクスタ-。
エリックは、母親と二人暮らし、母親はほとんどエリックをかまってはくれません。そんな毎日に不満を持っていました。
デクスタ-も母親と二人暮らし、小さい頃に受けた輸血が原因でエイズを発症してしまっていた。
エイズに対しては最初はていこうがあったエリックだったが、空気感染はしないと知ってから、毎日のようにデクスタ-の家に遊びに行くようになっていった。
なんとかしてエイズを治す手段がないかを模索する二人。
そこらへんに生えている草を煎じて飲んでみたりしていた。
ある日、水辺の植物がエイズに効果的というニュ-スを聞いたエリックは、試してみないとわからないということで、二人はイカダに乗ってなんと、ニュ-オリンズまで目指した。その途中、ある男たちが大きな船に乗っていて二人は乗せてもらうことになった。
デクスタ-は夜、弱気になっていたため、エリックは自分のバスケットシュ-ズを片方渡した。
こんなくさい靴を抱いて寝たらずっと一緒にいると思い寂しくないだろうという思いで渡した。
デクスタ-は安心して眠りについた。
次の日、船にあったお金を盗んだことがばれて、追っかけられたが、デクスタ-はとっさに自分の手をナイフで切り、血を出した。
男たちにデクスタ-は「ぼくはエイズなんだ、ぼくの血は毒なんだぞ」と脅した。
そのあと、旅から帰宅したデクスタ-は具合が悪くなり入院することに。
エリックとデクスタ-は母親を驚かすために、死んだふりをしてみたり遊んでいた。
その後、本当にデクスタ-は死んでしまった。
お葬式で棺桶に入っているデクスタ-の靴を片方取ってきたエリックはその代わりに自分のバスケットシュ-ズを置いてきた。
エリックはデクスタ-の靴を川に流した。
まだ二人は旅の続きをしているのではないかとおもい泣けました。
エイズは、いまだに怖い病気ですが、この映画が発表されたときは今よりももっと怖い病気、治らない病気としてみんなから隔離されるような生活をせざるを得なかったんだと思います。食べ物も同じものを食べれない、一緒にいたら移るとかいろんな偏見がある中、エリックはずっとデクスタ-と共に治せる薬を探す旅に出かけたり、友達思いが強く、こころに染みた映画でした。

ありがとう寄稿。

ローラさんはハーフで美人だなと思います。しかも双子なので羨ましいです。僕も双子として生まれたかった。または、双子の子供が欲しいです。声が可愛いです。なので、一回でも良いので、トークしたり、一緒に遊びに行きたいです。

評判・人物評「モデルのローラさんが好きです。美人で可愛いところが好きです」好きな芸能人。インスタグラムですぐにフォローしました。 | みんなのレシピ・お料理ブログ。