読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

イタリア映画感想レビュー「みんな元気!Stanno tutti bene」評価ネタバレ注意・2009年にロバート・デニーロさん主演リメイクされています。 #MOVIE

Stanno tutti bene !/ みんな元気!

2009年にロバート・デニーロさん主演リメイクされています。私が見たのは1990年のイタリア映画です。シチリア島に住んでいる主人公の老人はイタリア各地に住んでいる5人の子供たちが自慢です。毎年夏にはシチリアに帰省して家族で海水浴を楽しんでいました。

ところが今年は誰一人帰ってきません。主人公は、子供たちを訪ねにイタリアへ旅立ちます。最初に訪ねたのは長男でしたが、留守でした。宿の用意をしていなかった主人公は路上で野宿します。すると小さなの頃の子供達が現れ、秘密がある打ち明けます。翌日、別な子供の家を訪ねるも忙しく、主人公と時間を共有しません。しかし、主人公が願った立派な役職をこなしているのだから仕方ないと思います。時々主人公が見る夢の中で、小さな頃の子供たちが登場します。得体のしれない大きなものに子供たちが連れ去られていきます。とても愛して育てたのにみんな秘密をもって主人公から距離をとります。その理由は、立派な職業についた裏で、実は裏方の仕事しかしていなかったり、夫婦仲が壊れていたり、未婚で子供を産んでいたり様々です。最後に主人公が訪ねた家の孫はガールフレンドと予定外の妊娠の問題を抱えていました。主人公は旅の疲れと子供達のよそよそしい行動や連絡の取れない長男への心配で心臓発作を起こして倒れます。そして、一人でシチリアに帰り、亡くなった妻の墓石に語り掛けます。親が真実を知らない事が幸せなのか、親の思った通りの立派な子供で通すことが幸せなのか考えさせられます。子供のできる事が親の望み通りの結果にならないこともあります。事情があっても親に顔は見せてあげないといけないなと思いました。

ありがとう寄稿。

事前情報をなるべく入れずに鑑賞に望んでみたが、想像していたより遥かに楽しめた。

プロット自体は極限までシンプルなのだが始まりから終わりまで一定の緊張感があり画面に釘付けだった。

映画感想レビュー「ロスト・バケーション」評価ネタバレ注意・御本家の「ジョーズ」とは全く関係の無い作品も本家シリーズと勘違いしている方も多いのではないだろうか。 #MOVIE - ジャンプ部屋ブログ