読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「ズートピア」評価ネタバレ注意・ストーリーも子供が楽しめるだけでなく、実は人種差別であったり深いメッセージ性。 #MOVIE

三十路のキツネがとにかく可愛い、『ズートピア』

かのDISNEYの新作という事で上映前から話題沸騰、上映後も圧倒的人気を誇り、ロングラン上映を行っていたズートピアであるが、その人気は一体何処にあったのだろうか。
まず、登場する数多くの可愛い動物達。DISNEYが拘りに拘った、動物達の習性がリアルに且つ可愛らしく描かれたその姿に全国のケモナー達が心を射抜かれた。また、ストーリーも子供が楽しめるだけでなく、実は人種差別であったり深いメッセージ性が込められた大人にこそ是非見てもらいたい考えさせるものになっている。
と、色々な理由はあれど何よりも主人公、ウサギのジュディとキツネのニックのキャラクターの良さだろう。作中では明かされないものの、公式でジュディは20代、ニックら30代と明示されている。人生を諦めた詐欺師が20代のパッションに振り回されているうちに感化されていく、という何とも萌え要素の強いストーリー展開。日本語版の声優では上戸彩、森川智之かそれぞれ演じていてその表現もこれまた素晴らしい。筆者の場合途中から只々この2人の可愛さに悶え苦しむ結果となった。その他にも公式から2人のセルフィーの様子が発表され、その可愛らしさに全国のファンを唸らせた。この人気、もしかすると第2弾も期待できるかもしれない。

ありがとう寄稿。

ポルポト派率いるクメールルージュがカンボジアを支配した時に、ジャーナリストとして取材していた記者たちは命がけで帰国をできたのですが、彼らにとっては心許せる友人でありそして仲間であるカンボジア人のスタッフのプランのためにシドニーは必死に脱出をしようとする努力は、クメールルージュの極悪非道なことを知ってるだけに友人のことを悩みを命を助けようとした姿と諦めなければいけない失望感が伝わりました。

感想レビュー「キリングフィールド」ポルポト派率いるクメールルージュがカンボジアを支配した時に、ジャーナリストとして取材していた記者たちは命がけで帰国・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。 - みんなの政治経済ブログ。