読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

花の慶次ー雲のかなたにー2巻 第31話「幼き日の笑顔のゆえにの巻」感想&あらすじ・侘助と家康の出会いに関しても戦場での中で会う事にも…ネタバレ注意。 #マンガ

原作:隆 慶一郎 漫画:原 哲夫

一言感想

再び家康と出会う事になった慶次でもあるのです。過去についても想像以上の出来事にも共感出来るものです。

面白いところ。

侘助と家康の出会いに関しても戦場での中で会う事にもなったのです。初めは配下として付くように話すのですが「友人」と言うキーワードにはかなり面白いものです。

好きなところ。

苦労を掛けた侘助に礼を言う家康の姿に関してはかなり凄いと感じるものです。大名となってもこの基本的な部分は貫いているのは共感出来るものです。

好きなキャラ。

前田慶次、徳川家康、千利休

好きなエピソード。

利休の存在はかなり大きいばかりにも感じるものです。それをどの様にするかかなり共感出来る内容にもなってくるのが分かるものです。

おすすめ。

喧嘩のカギとなってくる部分が近くなってくると見入ってしまう展開の連続にもなってくるものです。慶次の行動にも見物になってくるものです。

作品に関する思い出。

侘助は女装しても羨むのも納得してしまうものです。ですが当人からすれば思わず怒ってしまうのもかなり分かるものです。

作者に関して。

収束する為の行動にはどの様な形になってくるのかがかなり気になってくるものです。今後も見て行けるものです。

その他。

この喧嘩に関してはかなり大がかりの展開にもなってくるのが見えるものです。慶次自身もどの様になってくるかワクワクするものです。

ありがとう寄稿。

6月29日に発売された本なのですが、まず綺麗です。鮮やかな表紙に著者の写真が載っています。ヨグマタというのはヨガの母という尊称です。相川圭子氏はヒマラヤにてヨガの修業を完成された方です。

感想・書評「心が浄化される瞑想の言葉:ヨグマタ 相川圭子」ネタバレ注意・ヒマラヤにてヨガの修業を完成された方です(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。