読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの芸能ブログ。

みんなで更新する芸能ブログです。

スポンサーリンク

花の慶次ー雲のかなたにー2巻 第30話「華の籠城の巻」感想&あらすじ・侘助が籠城してからかなり慌ただしい感覚にも…ネタバレ注意。 #マンガ

原作:隆 慶一郎 漫画:原 哲夫

一言感想

侘助が籠城してからかなり慌ただしい感覚にもなってくるものです。それに再び大物が登場するのですがどの様になってくるのか気になるものです。

面白いところ。

慶次は大喧嘩出来る事でワクワクしながら見ているのはかなり面白く感じるものです。それに侘助にもどの様な形で関わって行こうとするのは気になるものです。

好きなところ。

蜂太夫が登場するのです。初めてこの人物を見た時にはかなり場違いな人物が登場したのではないかと感じるばかりにもなってくるものです。

好きなキャラ。

前田慶次、徳川家康、千利休

好きなエピソード。

初めての人物でも奥義を的確に見抜こうとするのは慶次の観察力にも凄いと感じるばかりにもなるものです。そこからの展開にもワクワクするのです。

おすすめ。

利休においては堺会合衆の事で「連判状」の事で問われる事にもなってくるのですが敢えて慶次に任せようとするのもかなり良いものです。

作品に関する思い出。

緊張感が高まってくる内容にもなってくるものです。しかし慶次流のやり方にもかなり注目しながら見て行ければと思うのです。

作者に関して。

見入ってしまう展開の連続にもなってくるのですが慶次を知って行こうとすると気持ちが込められるものも分かるものです。

その他。

蜂太夫が奥義を見抜かれた事を驚くものですが「鏡」で見ているのは納得してしまうものです。

ありがとう寄稿。

今回の話では慶次自身「説教」をするのはかなり意外にも感じるものです。それにその後の展開にはかなり面白いと感じるものです。

花の慶次ー雲のかなたにー2巻 第26話「花の都初名乗り!の巻」感想&あらすじ・入京する場面では道安が慶次を紹介する様な内容…ネタバレ注意。 #マンガ - みんなの芸能ブログ。